夏といえば、キャンプシーズンです。
アウトドアが好きな人なら、キャンプ場に訪れた事がある人も多いでしょう。
そしてキャンプ場によって、異なりますが、地面に直接テントを立てるのではなく、
ウッドデッキサイトが用意されているところも少なくありません。

ではウッドデッキサイトに、テントを立てるメリットについて紹介していきます。
まず、地面に直接テントを立てる場合は、下に大きめの石があると、テントで寝る時に寝心地が悪くなってしまいます。
またアウトドアで自然に触れるために来ているとは言え、虫にはなるべく遭遇したくありませんよね。

ウッドデッキサイトにテントを立てる場合は、地面との間に空間があります。
そのため虫がテントに入ってくるリスクを抑える事が出来ます。

また地面に直接テントを立てると、山奥では明け方になると梅雨で地面が湿ってしまう事があります。
そのためテントの中も、気温が下がって寒く感じてしまいます。

ですが少し高い位置にテントを立てる事で、朝露の被害も軽減されるでしょう。
このようにメリットの多い、キャンプ場のウッドデッキサイトですが、使用上の注意点もあります。

ウッドデッキは木で作られています。
そのためいくらキャンプ場とはいえ、直火をしてはいけません。
ただし焚き火台を使用して、50㎝以下の小さな炎であればOKです。

あとウッドデッキサイトにテントを立てる時には、ペグや釘を打ってはいけません。
ペグや釘を打つと、ウッドデッキに傷がついてしまいます。
ウッドデッキサイトでテントを固定するには、ウェイトと呼ばれる重しとテントを固定する器具を使用して下さい。
テントを購入する際に、ウッドデッキサイト用というテントを購入すると、ウェイトや専用の器具もセットになっています。

またキャンプ場へ行かなくても、手軽にアウトドアを楽しむ方法として、
自宅の庭にあるウッドデッキにテントを立ててみてはどうでしょうか?

実は子供が小さく本格的なアウトドアのキャンプは難しいという人。
忙しくてキャンプに行きたくてもいけない人。
他にも、いきなり実践では失敗しそうなので、練習目的で行う人などなど。
そんな人に、自宅のウッドデッキにテントを立ててキャンプ気分を楽しむ人が増えてきています。

自宅でキャンプをするメリットは、電気を使用する事が出来る事や夜中のトイレも
安心して行ける事です。そのためテント内でも照明や冷暖房機器を使用する事が可能です。

火を使うよりも安全で快適に、キャンプを楽しむ事が出来ます。
あなたも、キャンプ場のウッドデッキサイト、もしくは自宅のウッドデッキで、テントを立ててみませんか?

Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA