インナーテラスとウッドデッキは、活用法として、類似点が多い反面、全く真逆な一面もあります。
1番大きな違いは、インナーテラスは室内に設置し、ウッドデッキは室外に設置する事です。
そのため、インナーテラスはリビングを狭くさせ、ウッドデッキは、
アウトドアリビングと呼ばれリビングを広くさせる効果があります。

それだけ聞くと、インナーテラスよりも、ウッドデッキの方が魅力的。
そんなふうに思うかもしれませんが、室内にインナーテラスを設置する事で得られるメリットも多いのです。

なので、家を建てる時には、インナーテラスとウッドデッキの
メリットとデメリットをよく理解した上で、どちらを選択するのか、決めるようにして下さい。

ではインナーテラスとウッドデッキの類似点と相違点を紹介します。
まず活用方法としては、類似点は子供やペットの安全な遊び場となります。
またガーデンテーブルを設置して、ガーデンカフェ気分を味わう事も可能です。

インナーテラスは室内だから、ガーデニングは無理と思う人もいるかもしれません。
ですがインナーテラスは、汚れても掃除が簡単なように、タイルや石で作られています。
そのためガーデニングの作業を行う事も、十分に可能だと言えます。

洗濯物を干せるという点も類似点だと言えますが、
ただその洗濯物を夜や雨の日でも干せるという点はインナーテラスに理があります。
やはりそこは室内である事の強みを活かす事が出来ます。
ですが日射しに関しては、しっかりと窓から入ってくるので、室内でも十分に洗濯物が乾燥します。

インナーテラスの場合は、部屋干しをして臭くなるという心配はありません。
洗濯物以外にも、インナーテラスとウッドデッキには、大きな相違点があります。

それは劣化するスピードです。
やはり劣化に関して言えば、ウッドデッキがどれだけ耐久性が高い材木や人工材を使用したところで、インナーテラスには適いません。
日差しや雨風に晒され続ける室外と、日射しや雨風から守られている室内との大きな違いだと言えます。

他にも掃除やメンテナンスの手間は、圧倒的にウッドデッキの方がかかってしまいます。
インナーテラスの方がウッドデッキよりも、優れていると言いたい訳ではありません。

しかしながら、ウッドデッキを無理に設置しなくても、
あなたがウッドデッキでしたい事がインナーテラスで可能な場合は、インナーテラスという選択肢がある事も知っておいて欲しいのです。

室内と室外では、室内の方が守られた場所なので、安全性が高く、活用法も広がります。
今、インナーテラスの需要が高まっている背景にも、そのような理由があると考えられます。

Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA